ケアマネの資格を無料で取得する方法

ケアマネの資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

介護資格について

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとはどんな職業か

ケアマネージャーとは、専用の資格を取得して介護が必要な人々と相談をして、その人が適切なサービスを受けられるようにサポートをする福祉関係の職業です。
この職業に就いている人達は、全員「介護に関する専門知識と専用の資格」を所持しており、それらを上手に活用して活動を行っています。
この職業は、これから先の日本を大きく支えていくとても重要な仕事となり、私達の日々と深く関わっていく事になるでしょう。
では、このケアマネージャーという職業に就くと、一体どのようなメリットが得られるのかについて、詳しく説明していこうと思います。

ケアマネージャーの仕事を行う事のメリット

この仕事を行っていくと、専門的な知識を求められて大変な時もありますが、それ以上に社会に大きく貢献出来るのが最大のメリットであると言えるでしょう。
現在の社会では、年々介護を必要とする人々が増えてきている傾向があり、多くの人々が「ケアマネージャー」の職業に就いている人を求めています。
そんな人達の元へケアマネージャーが訪れ、相談やサービスプランの提供を通してサポートをしていけば、介護を必要としている人達も大変喜ぶ事でしょう。
そして、ケアマネージャーの職業に就いている人達も、「大変な時もあるけど、この仕事に就いてみて本当によかった」と思えるはずです。
このような思いを胸に秘めながら、介護サービス仲介を通して社会に貢献出来る事が、この職業の一番のメリットなのです。

この記事のまとめ

以上が、介護を必要とする人々の相談役となり、社会に大きく貢献している職業「ケアマネージャー」の大まかな特徴とメリットです。
この職業は、資格を取得して実際に仕事に就くだけでも大変な道のりとなりますが、それ以上にやりがいがあり、とても充実した日々を送る事が出来ます。
そして、この職業に就いている人達はこれから先の未来でさらに重要となり、日本を支えていく人材となっていく事でしょう。
皆さんも、この職業に就いてみたいと思ったら、まずは専用の資格を取得する為に日々努力してみてください。

ケアマネージャーの業務

ケアマネージャーの業務について

ケアマネージャーは、福祉関係の専門職業の一種で、主に介護を必要とする人達と深く関わっていく仕事です。
この職業の事をあまり知らない人にとっては、「一体どんな業務を行っているのか」と疑問に思う事も多いでしょう。
そこで、ケアマネージャーの業務について、詳しい情報を幾つか説明していこうと思います。
ケアマネージャーの業務は、「介護を必要とする人達が充実した日々を送れるようにサポートしていく事」であり、具体的には介護サービスプランの作成や仲介など多岐に渡ります。
業務の種類がとても多い上に、時には専門的な知識が求められる為忙しい職業ですが、その分やりがいもあるので介護サービスプランを取り扱いたい人などにおススメな仕事です。

ケアマネージャーの業務を上手に行っていくには

この職業に就いて、介護のサービスプラン提供や仲介などの多岐に渡る業務を上手く行っていくには、きちんとした専門知識とコミュニケーション力が必要です。
ケアマネージャーの人達は、介護を必要とする高齢者や身体障害者と直接話しあう事で、「その人がどんなサービスを求めているのか」を知る必要があります。
その為には、介護のサービスに関するしっかりとした知識と、高齢者は身体障害者の人達と上手に意思の疎通が図れるコミュニケーション力が必要になるのです。
この二つの力がある事によって、介護のサービスプラン提供や仲介、その他多岐に渡る業務を行っていけるのです。

この記事のまとめ

以上が、ケアマネージャーの業務に関する大まかな特徴と、この仕事を上手に行っていく為のちょっとしたアドバイスです。
このアドバイスを参考にしていけば、ケアマネージャーとして優秀な人材となり、たくさんの高齢者や身体障害者を支えていく事が出来るでしょう。
これから、この職業に就いて高齢者や身体障害者の手助けをしていきたいと思っている方は、ぜひコミュニケーション力と専門知識の取得に尽力してください。

ケアマネージャーの職場

ケアマネージャーの職場はどんな所なのか

高齢者や身体障害者の人達に、「適切な介護サービスプランの提供」など様々なサポートを行っていく職業「ケアマネージャー」には、多くの疑問が存在しています。
その疑問の中の一つとして挙げられるのが、「ケアマネージャーの職場は一体どんな所なのか」というものです。
そこで、ケアマネージャーの職業に就いている人達は、どんな場所で活動しているのかについて、これから説明をしていこうと思います。
ケアマネージャーの人達が活動している場所は、主に介護保険施設や介護の支援事業所などとなっています。
介護保険施設とは、高齢者や身体障害者の人達が暮らしている療養施設の事で、介護の支援事業所は介護サービスに関する相談などを行っている施設です。
これらの施設で介護に関する知識とコミュニケーション力を活用し、高齢者や身体障害者の手助けとなっているのが「ケアマネージャー」なのです。

ケアマネージャーが様々な施設で活動している理由

ケアマネージャーが働いている職場は世の中にたくさんあり、それだけこの職業は重要である事が分かります。
一体何故多くの職場で活躍出来るのかと言うと、ケアマネージャーは介護に関するあらゆる専門知識を修めている存在だからです。
ケアマネージャーの人達は、身に付けてきた介護に関する専門知識の数々を活用して、介護を必要とする人達の相談に応じ、その他にも様々なサポートを行います。
その為、彼らの存在は介護に関する施設にとって重要であり、ケアマネージャーの人達は多彩な環境で活躍しているのです。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーの人達は介護に関するあらゆる専門知識を活用して、様々な施設で介護のサポートを行っているのです。
ケアマネージャーの的確なサポートが行われれば、介護施設の運営などもスムーズになっていきます。
皆さんも、これからケアマネージャーを目指す場合は、働ける職場の種類についてよく知っておくようにしましょう。

ケアマネージャーの社会的役割

ケアマネージャーの社会的役割について

ケアマネージャーの人達は、身に付けた知識を活用して、介護を必要としている高齢者や身体障害者の人達の全面的なサポートをしていくという大きな役割を担っています。
この大きな役割を担う事によって、ケアマネージャーの人達はこれまでに多くの高齢者や身体障害者の生活と自立をサポートしてきました。
具体的にどんなサポートをしてきたのかと言うと、「要介護者の相談を受け、どんな介護サービスを必要としているかを見抜き、的確に対応する」などを行ったのです。
このような行動を行う事によって、ケアマネージャーの人達は世間から大きな評価を得る事に成功し、現在でも介護施設などで活躍しています。

ケアマネージャーの社会的役割を全うするには

ケアマネージャーの職業に就いている人達が、周囲からの期待に応え社会的役割を果たしていくには、幾つか必要な要素が存在します。
その中の一つとして、特に重要となってくる要素は、「介護サービスプランの提供やその他サポート業務に必要な幅広い知識」です。
この知識をマスターし、きちんとケアマネージャーの業務で活用していく事が出来ないと、周りの人達から評価されず仕事もはかどりません。
その為、ケアマネージャーの職業に就く事を目指すなら、必要な知識をしっかりと勉強していく事が重要なのです。
また、介護に関する幅広い知識以外にも、人とのコミュニケーション能力や性格なども重要な要素になります。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーの社会的役割は非常に大きく、責任は大きいけど活躍した時の評価も高いという事が分かります。
そして、この仕事で成功していく為には、必要な能力を習得し、様々な難関を突破していく必要があるのです。
難関を突破し、一流のケアマネージャーとして活躍していくのはとても大変ですが、得られる物もたくさんあります。
一流のケアマネージャーを目指している方は、この職業の社会的役割と責任についてしっかりと理解してください。

ケアマネーシャーの給料

ケアマネージャーの給料は一体どれ位なのかについて

高齢者や身体障害者などの「介護を必要とする人達」に手を差し伸べ、様々な支援を行っていく専門職「ケアマネージャー」は、現在各地の色々な施設で大活躍しています。
そんなケアマネージャーに関する数々の疑問の中には、「給料はどれ位もらえるのか」というものもあるので、これから解説をしていこうと思います。
現在のケアマネージャーの給料は、1カ月当たり大体平均で26万円となっていて、平均年収は約370万円です。
尚、年齢や性別など様々な条件によって、給料の詳細なデータには個人差が生じてくるので、よく覚えておきましょう。

ケアマネージャーと兼業で他の仕事もしている人が多い

ケアマネージャーの職業に就いている人々の多くは、もらえる給料の事情から兼業で介護福祉士などの仕事も行っているケースが多いです。
一体何故かと言うと、ケアマネージャーの仕事で得られる給料は、実質法律によって限界が定められているような感じになっていて、たくさんのお金を稼ぐ事が出来ないからなのです。
その為、不足分のお金を稼いでいく為に、予めケアマネージャーと繋がりのある職業の資格も同時に取得し、多くの人が兼業で働いています。
もちろん、複数の職業の仕事を兼業するという事は、とても多忙で大変な日々となりますが、その分給料も多くなるので生活は楽になっていきます。
ケアマネージャーの仕事と同時に、他の仕事も兼業でやりたいと思った人は、その職業の資格もしっかりと取得してください。

この記事のまとめ

以上が、ケアマネージャーの給料と、兼業という形でさらにお金を稼いでいる人達に関する話です。
ケアマネージャーと、介護に関する職業の資格を同時に取得しておけば、兼業で多くのお金を稼いでいく事が出来ます。
そうなれば、日々の生活も楽になり、豊かな暮らしが出来るようになっていく事でしょう。
このように、ケアマネージャーの職業に就いていて、他の仕事の資格も取得している方は、兼業によってさらに多くの給料を稼げるので、上手く活用してみてください。

ケアマネージャーの今後

ケアマネージャーの今後について

介護を必要とする高齢者や身体障害者の人に、専門的な知識と分かりやすい説明で適切なサポートを行っていく「ケアマネージャー」は、これからさらに重要となっていくと言われています。
現在の日本では、高齢者の人々の割合が年々増えており、社会全体に高齢化の影響が起き始めています。
国の計算によると、今後はさらに高齢者の数が増え、ケアマネージャーを始めとする介護関係の仕事に就いている人達がますます重要になると言われているのです。
その為、現在の日本では未来の社会に備えて、ケアマネージャーを始めとした介護関係の仕事に就ける人を増やそうと、様々な努力を行っています。
ケアマネージャーの今後は、より一層忙しいものとなり、重要度と責任も大きいものとなっていく事でしょう。

今後ケアマネージャーとして活躍していく為には

これから先の未来で、ケアマネージャーとして社会に貢献し活躍していく為には、忙しくなる日々を切り抜けていける力が必要となります。
要介護者の人達との信頼関係をしっかりと築きつつ、様々なサポートで支援をしていける力が無いと、これから先一流のケアマネージャーとして活躍していく事は出来ません。
その為、これからケアマネージャーの資格を取得しようと考えている人は、将来をしっかりと見据えていく事が重要なのです。
ケアマネージャーの資格取得を目指している方は、今後の事も考えて行動していくようにしましょう。

この記事のまとめ

以上の事から分かるように、これから先日本では高齢者の数がさらに増えていく為、ケアマネージャーなどを始めとした介護関係の仕事に就いている人々が、さらに必要になっていきます。
同時に、介護関係の仕事に就いている人達の多忙さも増え、大変忙しい日々を送っていく事になるでしょう。
しかし、高齢者や身体障害者のサポートをしていく中で得られるものも確実にあるので、やる気がある人はぜひ、資格の取得を目指す事を検討してみてください。

ケアマネージャーになるには

ケアマネージャーになるにはどうすれば良いのか

高齢者や身体障害者の人達の支援を専門的に行う職業「ケアマネージャー」になるには、専用の資格を取得しなければなりません。
この資格を取得する為には、専用の試験を受けて合格する必要があり、そこまでの道のりは過酷なものとなっています。
まず、ケアマネージャーになる為の試験を受ける条件として、医療や福祉など幾つかの分野に属している国家資格を取得し、一定期間以上実務経験を積んでいる必要があります。
この条件を満たしている人だけが、ケアマネージャーになる為の試験を受ける事が出来るのです。

ケアマネージャーになる為に必要な能力について

ケアマネージャーになるには、専用の試験を合格出来る知識と、要介護者ときちんとした信頼関係を築く事が出来るコミュニケーション力が必要となります。
ケアマネージャーの仕事は、要介護者に対して幅広いサポートをしていく事なので、それが可能となるようにたくさんの専門知識を知る必要があるのです。
また、ケアマネージャーの人達は、要介護者の人に信頼され、頼れる存在となっていかなければなりません。
その為に、要介護者の人と話をする時には、相手にとって分かりやすくて安心出来る話し方が出来るようになる事が大切です。
この二つのスキルを極める事が、一流のケアマネージャーとして社会に貢献していく為に必要な条件となるのです。

この記事のまとめ

以上から、ケアマネージャーの職業に就き、要介護者の人達を全面的にサポートしていく為には、「必要な条件を満たした上で指定の試験を合格する必要がある」という事が分かります。
さらに、一流のケアマネージャーを目指す場合は、幅広い専門知識を覚えるだけではなく人当たりの良さも重要となってくるのです。
これらの要素を全て満たせれば、必ず一流のケアマネージャーとして社会で活躍していける事でしょう。
皆さんも、一流のケアマネージャーとして活躍していきたいと思ったら、ぜひ条件を満たした上で試験に挑戦してみる事をおススメします。

ケアマネージャーのステップアップ

ケアマネージャーのステップアップが出来るかどうかは自分次第

日本の介護業界にとって重要度が年々増してきている職業の内一つ「ケアマネージャー」は、自分の頑張り次第でさらなるステップアップが期待出来る職業です。
より良いケアマネージャーとして、たくさんの高齢者や身体障害者などに適切な介護サービスを提供していく事が出来るようになれば、活躍の場が自然と増えていきます。
ケアマネージャーとして活躍出来る場が増えれば、自然と周りからの評価が高まり、大きく信頼されるようになっていくのです。
そうすれば、一流のケアマネージャーとして、さらなる高みにステップアップしていく事が出来るでしょう。
では、一体どうすれば一流のケアマネージャーとしてステップアップをしていけるのかについて、説明をしていこうと思います。

ケアマネージャーのステップアップに一番必要なもの

ケアマネージャーのステップアップをしていく為に一番必要なものは、実際に仕事をしていく上で積んでいく「実務経験」です。
これはケアマネージャーだけではなく世の中のあらゆる仕事で言える事で、とにかくたくさんの経験を積んでいけば、後は自分の努力次第で高みを目指していけるのです。
様々な高齢者や身体障害者の人と出会い、介護サービスについて悩みを聞き解決に導いていけば、その過程で積んできた経験が活かされ、ステップアップをしていく事が出来るでしょう。
もちろん、何回もケアマネージャーの仕事をやっていけば、時には失敗をしてしまう事もありますが、それも必ず将来の為に役立つ「経験」になります。
様々な経験を大切にして、それを糧にケアマネージャーのステップアップを図っていくようにしましょう。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーのステップアップをしていく為には、「経験」と「努力」が必要不可欠です。
道のりはとても大変ですが、ケアマネージャーとして一流になりたい人は、この事を常に忘れないようにし、ステップアップを目指していってください。

ケアマネージャ資格取得のメリット

ケアマネージャーの資格について

高齢者や身体障害者などの「介護を必要とする人達」に対し、様々な支援サービスを行っている専門職業「ケアマネージャー」は、特別な資格を持っている人だけがなれるという仕組みになっています。
この資格を取得するには、必要な条件を満たした状態で年に一回行われる専用の試験に合格しなければなりません。
この職業は、介護に関する幅広い専門知識を必要とする為、試験の難易度も高いものとなっていますが、見事合格すればケアマネージャーとして大きな一歩を踏み出す事が出来ます。
つまり、これからケアマネージャーを目指していく為には、まずはこの資格を取得する努力を重ねていく必要があるのです。

ケアマネージャー資格取得のメリットについて

この資格を取得すると、ケアマネージャーとして活躍出来るだけではなく、他にも様々なメリットを得る事が出来ます。
例えば、この職業の資格を取得していると、ケアマネージャーとしての知識を活かして介護関係の仕事の幅を広げていく事が出来るのです。
また、介護関係の仕事をしている人がケアマネージャーの資格を取得する事によって、もらえる給料がアップするというメリットも発生します。
この他にも、ケアマネージャーの資格を取得している事によって、転職や就職活動が有利に進むなど、数々のメリットが期待出来ます。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーの資格を取得すれば、介護の仕事を行う上で様々なメリットを得る事が出来ます。
これから先の未来では、「介護を必要としている人の数が増えていく」と予測されているので、この資格を取得している人が多い程社会は豊かになっていく事でしょう。
資格を取得する為の道のりは、とても険しいものですが、しっかりと勉強をして準備を整えていけば、必ずこの試験を合格出来るはずです。
皆さんも、「ケアマネージャーの資格を取得して、介護の仕事の幅を大きく広げていきたい」と思ったら、ぜひ指定の試験にチャレンジしてみる事をおススメします。

ケアマネージャ 訪問看護

訪問看護の基礎知識

訪問看護とは、何らかの病気や障害を持っている方が住んでいる家に、スタッフが直接訪問し身の回りの世話と看護を行うサービスの事です。
このサービスを利用すると、看護される方の人は住み慣れた自分の家で過ごしつつ、病気や障害のケアをしてもらう事が出来ます。
このサービスを利用するには、まずケアマネージャーの人に相談をして、サービスプランを立ててもらう必要があります。
サービスプランの作成から契約の細かい手続きまで、訪問看護を受ける為にはケアマネージャーの協力が必要不可欠なのです。
では、訪問看護サービスを受けるまでに行う手続きの詳細について、説明をしていく事にしましょう。

訪問看護のサービスを開始するまでの手続きについて

訪問看護を受ける為の手続きは、利用者がケアマネージャーの人に相談をする所から始まります。
ケアマネージャーの人は、利用者の相談を聞きいれ、「訪問看護ステーション」と呼ばれる施設とコンタクトをとり、必要な書類のやり取りを行っていくのです。
書類のやり取りがある程度終わり、訪問看護ステーションからサービスを受ける許可をもらえば、契約を結ぶ為の準備を始める事が出来ます。
契約を結ぶ為の書類のやり取りも、ケアマネージャーの人が全力でサポートをしてくれますので、しっかりと必要事項の記入をしていけば問題はありません。
以上の手続きが全て終わり、利用者側とステーション側がサービスの契約を結べば、晴れて訪問看護を受ける事が出来るのです。
受ける事が出来るサービスの内容は、ケアマネージャーの人が考えてくれたプランに沿っているので、契約を結ぶ前にしっかりと確認をしておくと安心して利用出来ます。

この記事のまとめ

以上が、訪問看護の基本的な説明と、このサービスを受けるまでに必要な手続きの具体的な解説です。
このサービスを受ける手続きを完了するには、良いケアマネージャーの協力が必要となるので、信頼出来る人を選んでいくようにしましょう。

1 / 41234