ケアマネの資格を無料で取得する方法

ケアマネの資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ケアマネージャー 合格率


ケアマネージャーになる為の道のりはとても困難

適切な介護サービスを必要としている高齢者や身体障害者をあらゆる面からサポートする職業「ケアマネージャー」は、年に一回行われる特別な試験を合格すればなる事が出来ます。
しかし、この試験を突破してケアマネージャーの職業に就くまでには、乗り越えなければならない壁が幾つか存在しているのです。
最初に立ちはだかる壁は、ケアマネージャーになる試験を受験出来る条件を満たさなければならない事です。
ケアマネージャーになる試験を受験する為には条件があり、法律で対象となっている特定の資格が必要な職業に就き、一定期間以上の実務経験を積んでいく必要があります。
次に立ちはだかる壁は、「試験本番の難易度の高さ」であり、合格するにはかなりの勉強をしておく必要があります。
では、ケアマネージャーになる為の試験は、一体どれ位の難易度を誇っているのかについて、説明をしていく事にしましょう。

ケアマネージャーになる為の試験の合格率は約2割!

ケアマネージャーになる試験の合格率は、試験が初めて実装された年では4割以上となっていましたが、毎年少しずつ難易度が上がっていき、今では約2割まで低下してしまいました。
試験がここまで難しくなった理由は、年々高齢者の数が増えてきた為、より専門的な知識と能力を持った人材を求めるようになったからです。
しかし、逆を言えばケアマネージャーの仕事は、世間からかなり注目されているという事であり、見事試験に合格すればたくさんの人から頼られる人になる事が出来ます。
試験を通して得る事が出来た専門知識も、介護の仕事を極める上でとても役に立ってくれるのです。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーになる為の道のりはとても険しく、年々試験の難易度も上がり合格率も比例するように下がっています。
しかし、どんなに難しい問題がある試験でも、しっかりと予習をして準備を整えていけば、必ず合格する事が出来るでしょう。
皆さんも、ケアマネージャーになる為の試験を受ける時は、予習をしっかりと行い対策を立てるようにしてください。