ケアマネの資格を無料で取得する方法

ケアマネの資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ケアマネージャー 過去問


ケアマネージャーの試験を突破するのに役立つ「過去問」について

ケアマネージャーは、年に一回行われる特別な試験に合格した人だけがなれる専門的な職業で、高齢者や身体障害者などの「介護を必要とする人達」に適切なサービスと支援を行うのが主な仕事です。
この職業に就く為の特別な試験は、ケアマネージャーに必要な幅広い専門知識が要求される為、かなり高い難易度を誇っています。
その為、ただ適当に勉強をしているだけでは合格出来ず、計画性を持って効率の良い方法で知識を学んでいく必要があるのです。
そこで役に立つのが、過去に行われたケアマネージャー試験の問題が記載されている本です。
ケアマネージャー試験のいわゆる「過去問」が大量に記載されている本を購入し、その問題を解いていけば、毎年どんな問題がよく出題されているのかを知る事が出来ます。
そうすれば、試験問題に対する対策を万全にしていく事ができ、合格率は大きく上がっていくでしょう。

過去問を何年分か用意し繰り返し解いていく事が大切

ケアマネージャーの試験対策の中で過去問を解いていく時は、何年分か一気に用意しそれをしっかりと解いていく事が大切です。
一例を挙げると、用意する過去問は大体5年分で、それを何回も繰り返し解いていくようにすると効率良く勉強が出来ます。
実際にこの方法を取り入れて勉強した人が、見事試験に合格してケアマネージャーの資格を得たというエピソードもあるので、一度参考にしてみると良いでしょう。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーの試験勉強を行う際には、「過去問を解く」という行為で出題傾向を把握しておくと、本番でも落ち着いて問題を解く事が出来るでしょう。
年々、この試験の問題はさらに厳しさを増し、新しいタイプの問題も混ざってきている為、過去問から全てが分かる訳ではありませんが、それでも合格へと近付く手助けになる事は事実です。
皆さんも、ケアマネージャーの試験対策を行う時は、何年分かの過去問も解いてみてください。