ケアマネの資格を無料で取得する方法
ケアマネ資格 > ケアマネージャーの基礎知識 > ケアマネージャ 訪問看護

ケアマネの資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ケアマネージャ 訪問看護


訪問看護の基礎知識

訪問看護とは、何らかの病気や障害を持っている方が住んでいる家に、スタッフが直接訪問し身の回りの世話と看護を行うサービスの事です。
このサービスを利用すると、看護される方の人は住み慣れた自分の家で過ごしつつ、病気や障害のケアをしてもらう事が出来ます。
このサービスを利用するには、まずケアマネージャーの人に相談をして、サービスプランを立ててもらう必要があります。
サービスプランの作成から契約の細かい手続きまで、訪問看護を受ける為にはケアマネージャーの協力が必要不可欠なのです。
では、訪問看護サービスを受けるまでに行う手続きの詳細について、説明をしていく事にしましょう。

訪問看護のサービスを開始するまでの手続きについて

訪問看護を受ける為の手続きは、利用者がケアマネージャーの人に相談をする所から始まります。
ケアマネージャーの人は、利用者の相談を聞きいれ、「訪問看護ステーション」と呼ばれる施設とコンタクトをとり、必要な書類のやり取りを行っていくのです。
書類のやり取りがある程度終わり、訪問看護ステーションからサービスを受ける許可をもらえば、契約を結ぶ為の準備を始める事が出来ます。
契約を結ぶ為の書類のやり取りも、ケアマネージャーの人が全力でサポートをしてくれますので、しっかりと必要事項の記入をしていけば問題はありません。
以上の手続きが全て終わり、利用者側とステーション側がサービスの契約を結べば、晴れて訪問看護を受ける事が出来るのです。
受ける事が出来るサービスの内容は、ケアマネージャーの人が考えてくれたプランに沿っているので、契約を結ぶ前にしっかりと確認をしておくと安心して利用出来ます。

この記事のまとめ

以上が、訪問看護の基本的な説明と、このサービスを受けるまでに必要な手続きの具体的な解説です。
このサービスを受ける手続きを完了するには、良いケアマネージャーの協力が必要となるので、信頼出来る人を選んでいくようにしましょう。