ケアマネの資格を無料で取得する方法

ケアマネの資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

老人保健制度対策


老人保健制度について

ケアマネージャーの資格取得を検討する際にはまず老人保健制度と呼ばれるシステムをきちんと理解するようにし、テストに挑まなくてはいけません。
老人保健制度とは国民全員が健康を維持しながら老後を生きていけるよう作り出されたシステムのことであり、75歳以上の高齢者が対象となります。
既に寝たきりになってしまった高齢者は65歳以上で、成人病予防の為に保険サービス事業を行います。
医療費は国民全体で公平に分担する決まりがあり、全員が収入に応じた一定の割合の金額を支払うことで将来老人保健制度による支援を受けられるのです。
医療機関で老人保健制度による支援を受けながら治療を受ける時は健康保険証・健康手帳・医療受給者証といったものが必要となり、医療機関の窓口に提出しなくてはいけないので注意しましょう。
自己負担額は一定以上の所得者だと2割の金額が必要となりますし、同一世帯の中に町民税が課税された時は1割の費用を支払うことになるのです。

資格取得試験で提出されやすい問題に関して

ケアマネージャーの資格取得試験で提出される可能性が高い老人保健制度の問題についてまとめると、専門施設が提供するサービスの内容を述べる・分館型介護施設とは何か・介護保険の改正制度についてといったものとなっており、これらを重点的に勉強することでテスト対策を始められます。
専門施設が提供するサービスの内容についてはテキストの中に記載されていますし、分館介護型施設の特徴も全て説明しているので、基礎を学ぶことは難しくないです。
介護保険の改正制度については若干複雑な内容となることが多く、年数に関しては覚えやすい暗記法を実践するのが良いです。
例えば既に70歳以上の人物は引き続き医療制度による支援を受けられるといった決まりは何時頃出来たのかといった問題が出てきた時は、平成14年9月30日と答えなくてはいけませんがその時は14930と数値を羅列させることで覚えやすくなります。