ケアマネの資格を無料で取得する方法

ケアマネの資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

試験免除の条件


ケアマネージャーの試験の免除条件について

ケアマネージャーになる為に欠かせない試験についてですが、一定の免除条件を満たすことで回答数が少なくなるので、こうした点を覚えた上で勉強を始めるのが良いと言えます。
医師・歯科医師・薬剤師・社会福祉士といった資格などが対象となっており、その他にも介護福祉士と呼ばれる基本的なものを手に入れることでもテスト内容がシンプルになるので、こうしたものを取得した後で試験に挑む感じの流れは珍しくなくなりました。
勿論重複して同じ分野の資格を取得した方であっても科目は免除されますから、このような点を心配する必要はありません。
こうした資格の中でも医師と歯科医師は取得することで保健医療サービス分野の基礎15問と総合5問が免除されるので、かなりの量の問題数が減ることが分かります。
その他にも薬剤師は基礎15問が免除されるようになり、社会福祉士は福祉サービス分野が15問減るので資格を取得する程短い時間でテストは終了します。

試験の難易度に関して

ケアマネージャー関連の試験は標準のテキストが基本テキストに改訂されて、実践的な問題が提出されるようになりましたから、テストの難易度は上昇しつつある傾向にあるのです。
2009年度の試験の合格率は23.6パーセントとなっており、受かる可能性は他の分野のテストに比べると短い傾向にあることが分かります。
つまりこうした試験の難易度を出来るだけ下げたい時はいきなりテストに挑むのでなく、最低限取得出来る範囲の資格を手に入れた方が良いと言えます。
問題数が少なくなることで回答を書く際に要する時間を節約出来るようになり、同時に精神的にも楽な状態の中でテストに挑めるのでこうした利点は大きいです。
後は基礎から応用までを毎日きちんと勉強して把握するようにし、それから擬似テストを受けて環境によるプレッシャーに耐えられるよう準備します。
これだけで合格率は大きく上昇しますから、日々の勉強が合格する確率を上げるコツとなるのです。