ケアマネの資格を無料で取得する方法

ケアマネの資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

介護資格について

介護支援専門員実務研修受講試験

介護支援専門員実務研修受講試験の基礎知識

介護支援専門員実務研修受講試験とは、年に一回全国各地の介護・福祉関係団体が主催して行う、介護支援専門員を目指す人が受ける試験の事です。
介護支援専門員とは、国が定めた法律に基づき、介護を必要としている人々の相談に応じて適切なサービスを受けられるように支援する職業の事です。
この職業は別名で「ケアマネージャー」とも言い、一般的にはこの呼び名で呼ばれている事が多く、多くの要介護者が彼らに助けを求めています。
これから先の未来では、介護を必要とする人々がどんどん増えていくと予測されている為、この職業の資格を取得していると、社会に大きく貢献する事が可能なのです。

この試験を突破する為には「介護・福祉に関する専門知識」が必要

介護支援専門員実務研修受講試験を合格し、資格を取得して社会に貢献していく為には、「介護・福祉に関する専門知識」をしっかりと勉強しておく必要があります。
その理由は、介護支援専門員はあらゆるケースを抱えた要介護者が訪れる為、それら全てに対応出来る能力を身に付けなければならないからです。
介護や福祉に関する専門知識を学ぶ時は、専用の本などを活用して何度も繰り返し勉強すると良いでしょう。
また、「介護・福祉関係の専門知識について学ぶ事が出来る学校などに通う」という方法も、試験に対する備えとしておススメです。
幅広い範囲の知識を覚えなければならないので、試験への道のりはとても大変なものとなっていますが、上手く乗り切れば必ず合格する事が出来るでしょう。

この記事のまとめ

以上が、介護支援専門員実務研修受講試験の大まかな説明と、この試験を無事に突破する為のちょっとしたアドバイスです。
試験に出題される問題を解いていける幅広い専門知識力と、「絶対に合格する」という強い思いがあれば、必ず介護支援専門員として働けるようになる事でしょう。
介護支援専門員実務研修受講試験にチャレンジしてみたいと思った人は、ぜひ主催の団体まで申し込んでみてください。

ケアマネージャーの受験資格

ケアマネージャーの受験資格について

介護を必要とする高齢者や身体障害者の人達を支援し、適切なサービスを受けられるようにしている「ケアマネージャー」になる為には、各地で行われている指定の試験を合格し、専用の資格を取得する必要があります。
しかし、この特別な試験を受ける為には、指定された幾つかの条件の内一つを、必ず満たしている必要があるのです。
試験を受ける条件の一つとして挙げられるのは、「対象となる幾つかのケアマネージャーの受験資格を一つ取得し、尚且つ一定期間の実務経験を積んでいる事」です。
ケアマネージャーになる為の試験を受ける条件の中で代表的なものがこれであり、多くの人がこの条件を満たす事によって受験する資格を得ています。
では、一体どのような資格を取得していれば、ケアマネージャーの試験を受ける事が出来るのかについて、幾つかの例を紹介しようと思います。

ケアマネージャーの受験資格の一例紹介

ケアマネージャーの試験を受ける為に必要な資格は、主に介護や福祉・医療関係の職業に関するものばかりとなっています。
例えば、医療関係の職業では医師や薬剤師、介護や福祉に関する職業では介護福祉士や社会福祉士などが挙げられます。
この他にも、マッサージや針治療の施術を行える人や、食事の栄養管理能力に優れている栄養士なども受験出来る対象に含まれているので、細かくチェックをしていく事が大切です。
尚、これらの資格を取得していたとしても、一定期間の実務経験も積んでいないと、条件を満たす事は出来ないので注意してください。

この記事のまとめ

以上が、ケアマネージャーになる為の特別な試験を受けるのに必要な資格の一例であり、他にも受験のチャンスはたくさんあります。
そのチャンスを活かし、受験が可能な時は思い切ってチャレンジする事が、ケアマネージャーとして歩き出す為の第一歩なのです。
皆さんも、ケアマネージャーになる為の試験を受けたいと思ったら、まず自分が条件を満たしているのかを確認し、満たしていない場合は必要な資格を取得する事から始めてみましょう。

ケアマネージャーの資格難易度

ケアマネージャーの資格難易度について

世の中にいる多数の高齢者や身体障害者などに、適切な介護サービスのプランを提供・または支援していく職業「ケアマネージャー」は、専用の資格を取得しなければなる事は出来ません。
この職業の資格を手に入れるには、全国各地で年に一回行われる試験を合格する必要があります。
しかし、ケアマネージャーの資格難易度は簡単なものではなく、介護や福祉に関する幅広い専門知識が要求される難しいものとなっているのです。
大体の目安で言うと、ケアマネージャーの試験に合格出来る確率は、平均で10人中2人と少なく、ケアマネージャーの資格難易度がかなり高い事を証明しています。
さらに、ケアマネージャーになる為の試験を受けるには、予め条件によって指定された分野の資格を最低一つ取得し、その後一定期間以上の実務経験も積んでいく必要があるのです。
これらの要因から、ケアマネージャーの資格難易度はかなり高いものとなっており、この職業を目指す為の道のりはとても険しい事が分かります。

ケアマネージャーの困難な試験を突破していくには

ケアマネージャーになる為の道のりは、とても険しく大変なものですが、決して乗り切れないものではありません。
日々コツコツと必要な専門知識を覚えていき、何度も繰り返し重要な所を復習していけば、難しい問題が試験で出ても難なく突破していく事が出来るでしょう。
介護や福祉の専門知識を覚える時には、関連した本や専門学校などの教育機関で覚えていくと、効率良く勉強が進むのでおススメです。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーの職業に就く為には、乗り越えなければならない数々の難関が存在しています。
しかし、どんなに難しい試験でも、必要な知識をしっかりと覚え復習していけば、必ず突破していく事が出来るのです。
「これから先の為に、ケアマネージャーの試験に合格して資格を取得したい」と思った方は、今すぐに介護や福祉に関する専門知識を覚え、試験本番に備えると良いでしょう。

ケアマネージャー資格取得費用

ケアマネージャー資格取得費用について

身体の不自由な老人や障害者の人達が、満足出来る介護サービスを受けられるように様々な支援を行っていく職業「ケアマネージャー」を目指すには、数々の困難を乗り越える必要があります。
その中で代表的なのは、「年に一回各地で行われる特別な試験に合格する」というもので、この困難を乗り越え専用の資格を取得する事で初めてケアマネージャーになれるのです。
ケアマネージャーの資格取得試験を受ける為には、必要な分のお金を払わなければならないので、予め用意しておく事が大切です。
では、「ケアマネージャー資格取得費用の金額は、一体どれ位掛かるのか」について、これから一例を紹介しようと思います。

ケアマネージャー資格取得費用は総額10万以上掛かる

ケアマネージャーの職業資格取得を目指す為には、難易度の高い特別な試験を突破する必要があり、その準備や受験料などで多くのお金を消費する事になります。
例えば、大手の通信講座を活用して試験勉強を重ねていくだけで、コースによっては10万以上ものお金が掛かってしまうのです。
試験に無事合格した後も、一定期間の実務研修や資格発行の手続きなどで数万のお金が必要となるので、多い時では約15万のお金が掛かってしまう事になります。
つまり、ケアマネージャーを目指す為に必要となるお金の額は、大体10万~15万位であると言えるのです。
尚、この金額はあくまで目安であり、色々な条件によって違ってくる上に、何回も受験する事になった場合は回数分費用が増えていくので覚えておきましょう。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーの資格を取得するには、難しい試験を突破出来る知識力と受験に備える為の費用が必要になります。
その為、ケアマネージャーの資格取得を目指したいと思ったら、まずはそれ相応の準備としてある程度のお金を揃えなければならないのです。
皆さんも、ケアマネージャーの資格取得試験を受けたいと思ったら、準備としてお金の調達から始めていくようにすると良いでしょう。

ケアマネージャー資格取得期間

ケアマネージャー資格取得には時間が掛かる

「介護を必要とする人達」に対して様々な支援サービスを行っていき、社会にも大きく貢献していく事が出来る「ケアマネージャー」は、年に一回行われる試験に合格して資格を取得するとなれる職業です。
しかし、この職業の資格を取得する為の試験はとても難しく、さらに受験が可能になるまでにかなりの時間が掛かる為、きちんとした計画を立てないとケアマネージャーにはなれません。
では、ケアマネージャーの資格を取得する為の期間は、大体どれ位掛かるのかについて説明をしていこうと思います。

ケアマネージャー資格取得期間は大体5~10年

ケアマネージャーの資格を取得する為の試験を受けるには、国の法律によって定められた資格を予め取得し、一定期間の間実務経験を積んでいる必要があります。
実務経験で必要な期間は「5年間」となっていて、条件次第では何と「10年間」もの時間が必要となるケースも存在するのです。
この長い期間の中で、一生懸命介護や福祉に関する仕事を行い、実務経験を積んだ人達だけが、さらなるステップアップを目指す道としてケアマネージャーの資格取得試験を受ける事が出来るのです。

重要になるのは「計画性」

ケアマネージャーの資格取得試験を受ける為には、5年~10年という長い時間を必要とする為、長期的且つ計画的な考えで行動をする事が重要となります。
しかし、「介護や福祉の仕事に長く就いていたら、いつの間にか条件を満たしていた」というケースも珍しくありません。
その為、介護の道を極めようという思いがあれば、あまり苦を感じる事なくケアマネージャーになれるのです。
このように、ケアマネージャーを目指す為の道のりは、「計画性を持った人か介護・福祉関係の仕事を極めたいと思っている人」が挑むと、効率良く突破していく事が出来るのです。
皆さんも、ケアマネージャーの職業に就きたいと思ったら、効率良く条件を満たせる「計画性と目的意識」を持つようにしましょう。

ケアマネージャー 受験申込

ケアマネージャーの受験申込には条件がある

高齢者や身体障害者などに「適切な介護サービス」を提供する為に、様々な支援を行っていく職業「ケアマネージャー」になるには、各地で行われている難しい試験に合格する必要があります。
この試験を受験するには条件があり、法律で定められた職業の資格を取得した状態で一定期間の間その職業の実務経験を積まなければなりません。
この条件を満たす事が、ケアマネージャーの資格取得試験を受験する為に必要な事であり、必要な期間はかなり長い為「計画性」を持って行動する事が重要になります。
では、これからケアマネージャーの受験申込の方法について、説明をしていく事にしましょう。

ケアマネージャーの受験申込方法について

ケアマネージャーの受験に申し込める条件が揃った人は、必要な書類を主催している団体に提出すれば、申し込みが完了します。
必要な書類の詳細や受験の受付期間は、自分の住んでいる地域によって違ってくるので、定期的にチェックをする事が大切です。
試験の受験受付期間や日時の情報は、パソコンのインターネットを活用すると、効率良く調べていく事が出来るので、覚えておくと良いでしょう。
申込手続きに必要な書類の入手方法は、毎年決まった時期になると自分の住んでいる県から受け取れるようになるので、受け取り期間を予め調べておく事が大切です。
また、受験に必要な書類を完成させる為には、自分自身の「証明写真」も撮っておく必要もあるので、証明写真を撮る為の機械を使ってきちんとした写真を用意しておきましょう。

この記事のまとめ

以上が、ケアマネージャーの受験に必要な条件と、申し込み手続きを行う時の主な手順に関する説明です。
受験の条件を満たす時も、申し込みの手続きを行う時も、大変困難な道のりとなっていく事でしょう。
しかし、「ケアマネージャーになって、多くの高齢者や身体障害者を支援したい」という強い思いがあれば、必ず試験を突破する事が出来るはずです。
皆さんも、ケアマネージャーの試験に挑戦したい場合は、条件と申し込み方法を確認した上で行動を起こしてください。

ケアマネージャー 合格率

ケアマネージャーになる為の道のりはとても困難

適切な介護サービスを必要としている高齢者や身体障害者をあらゆる面からサポートする職業「ケアマネージャー」は、年に一回行われる特別な試験を合格すればなる事が出来ます。
しかし、この試験を突破してケアマネージャーの職業に就くまでには、乗り越えなければならない壁が幾つか存在しているのです。
最初に立ちはだかる壁は、ケアマネージャーになる試験を受験出来る条件を満たさなければならない事です。
ケアマネージャーになる試験を受験する為には条件があり、法律で対象となっている特定の資格が必要な職業に就き、一定期間以上の実務経験を積んでいく必要があります。
次に立ちはだかる壁は、「試験本番の難易度の高さ」であり、合格するにはかなりの勉強をしておく必要があります。
では、ケアマネージャーになる為の試験は、一体どれ位の難易度を誇っているのかについて、説明をしていく事にしましょう。

ケアマネージャーになる為の試験の合格率は約2割!

ケアマネージャーになる試験の合格率は、試験が初めて実装された年では4割以上となっていましたが、毎年少しずつ難易度が上がっていき、今では約2割まで低下してしまいました。
試験がここまで難しくなった理由は、年々高齢者の数が増えてきた為、より専門的な知識と能力を持った人材を求めるようになったからです。
しかし、逆を言えばケアマネージャーの仕事は、世間からかなり注目されているという事であり、見事試験に合格すればたくさんの人から頼られる人になる事が出来ます。
試験を通して得る事が出来た専門知識も、介護の仕事を極める上でとても役に立ってくれるのです。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーになる為の道のりはとても険しく、年々試験の難易度も上がり合格率も比例するように下がっています。
しかし、どんなに難しい問題がある試験でも、しっかりと予習をして準備を整えていけば、必ず合格する事が出来るでしょう。
皆さんも、ケアマネージャーになる為の試験を受ける時は、予習をしっかりと行い対策を立てるようにしてください。

ケアマネージャー テキスト

ケアマネージャー試験を目指す人に必須な「テキスト」について

介護を必要とする人々に適切なサービスを提供出来るように、様々な方法でサポートをしてくれる「ケアマネージャー」になる為には、年に一回行われる特別な試験に合格する必要があります。
しかし、ケアマネージャーになる為の特別な試験は、介護に関するあらゆる専門知識を要求される難しい問題ばかりとなっている為、合格するには相当の勉強をしていなければなりません。
そこで役に立ってくれるのが、ケアマネージャーの試験で要求される専門知識を学ぶ事が出来る「テキスト」です。
このような本を上手く活用すれば、たくさんの専門知識を効率良く学んでいく事ができ、ケアマネージャーの試験を合格出来る確率も大きく上がっていくでしょう。

自分にとって分かりやすいテキストを選ぶとさらに効率がアップする

ケアマネージャーの試験問題対策が出来るテキストは多数存在し、それぞれの本によって細かい違いが幾つかあります。
その為、「どのテキストが自分にとって最適で分かりやすいのか」を予め知っておくと、専門知識の習得がさらに効率良く進んでいくのです。
専門知識を効率良くたくさん学び、試験本番に対する備えが整っていけば、必ずケアマネージャーの資格を得る事が出来るはずです。
自分にピッタリのテキストを探す時は、パソコンのインターネットなどを上手く活用していくと、様々な情報が手に入るので調べてみると良いでしょう。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーの試験を合格して資格を得る為には、テキストを活用して本番に備える事が重要となります。
様々なテキストの中から、自分に最も合う本を見つけ出す事が出来れば、ケアマネージャーの資格取得に大きく近づきます。
もちろん、自分に合ったテキストを探すのは、色々と大変な事ですが、ケアマネージャーとして一流を目指すなら、この努力は絶対必要なのです。
皆さんも、自分に最も合ったテキストで一生懸命に勉強して、万全の状態で試験に臨んでください。

ケアマネージャー 過去問

ケアマネージャーの試験を突破するのに役立つ「過去問」について

ケアマネージャーは、年に一回行われる特別な試験に合格した人だけがなれる専門的な職業で、高齢者や身体障害者などの「介護を必要とする人達」に適切なサービスと支援を行うのが主な仕事です。
この職業に就く為の特別な試験は、ケアマネージャーに必要な幅広い専門知識が要求される為、かなり高い難易度を誇っています。
その為、ただ適当に勉強をしているだけでは合格出来ず、計画性を持って効率の良い方法で知識を学んでいく必要があるのです。
そこで役に立つのが、過去に行われたケアマネージャー試験の問題が記載されている本です。
ケアマネージャー試験のいわゆる「過去問」が大量に記載されている本を購入し、その問題を解いていけば、毎年どんな問題がよく出題されているのかを知る事が出来ます。
そうすれば、試験問題に対する対策を万全にしていく事ができ、合格率は大きく上がっていくでしょう。

過去問を何年分か用意し繰り返し解いていく事が大切

ケアマネージャーの試験対策の中で過去問を解いていく時は、何年分か一気に用意しそれをしっかりと解いていく事が大切です。
一例を挙げると、用意する過去問は大体5年分で、それを何回も繰り返し解いていくようにすると効率良く勉強が出来ます。
実際にこの方法を取り入れて勉強した人が、見事試験に合格してケアマネージャーの資格を得たというエピソードもあるので、一度参考にしてみると良いでしょう。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーの試験勉強を行う際には、「過去問を解く」という行為で出題傾向を把握しておくと、本番でも落ち着いて問題を解く事が出来るでしょう。
年々、この試験の問題はさらに厳しさを増し、新しいタイプの問題も混ざってきている為、過去問から全てが分かる訳ではありませんが、それでも合格へと近付く手助けになる事は事実です。
皆さんも、ケアマネージャーの試験対策を行う時は、何年分かの過去問も解いてみてください。

ケアマネージャー 参考書

参考書とは一体何か

参考書とは、何らかの職業資格を得る為の試験対策を行う上で重要となってくる本の事です。
参考書には、その職業資格を得る為の試験を突破するのに必要な「専門知識」がたくさん記載されていて、資格の取得を目指す人達の大きな助けとなってくれます。
ケアマネージャーなどの介護・福祉に関する専門的な資格を取得する時にも、参考書は大きく役立ってくれるので、ぜひ上手く利用していきましょう。
では、これからケアマネージャー用の参考書を利用する時に重要となるポイントを、幾つか紹介していこうと思います。

ケアマネージャー用の参考書を用意する時に重要となるポイントについて

ケアマネージャーは、たくさんの高齢者や身体障害者に適切な介護サービスを提供出来るように、日夜奔走をしている今の社会で注目されている職業です。
この職業に就く為には、介護・福祉に関する幅広い専門知識を身に付け、難問揃いの試験を突破していかなければなりません。
この難関を乗り越えていく時に役立つのが、ケアマネージャー用の参考書であり、専門知識を覚え試験本番に備える為にはこの本が必須となります。
この本を用意する時には、幾つか重要なポイントがあり、購入する前に確認しておくと良い参考書を買う事が可能です。
例えば、「参考書を購入する時は常に最新のものを用意する」や、「お金をケチらずに信頼出来る質の高い本を購入する」という点が、重要ポイントの一例として挙げられます。
他にも、「自分に最も合うものを購入し、たくさん書き込んでいくように使っていく」という点も重要なポイントなので覚えておくと良いでしょう。

この記事のまとめ

このように、ケアマネージャーを目指す人も、他の職業の資格を目指す人も、試験を突破するには「参考書」が必要不可欠となります。
特にケアマネージャーの場合は、覚える必要がある専門知識がとても多いので、参考書もしっかりしたものを選ぶ事が大切なのです。
皆さんも、自分に合った最高の参考書を購入し、たくさん使い込んで本番の試験に備えてください。

2 / 41234