ケアマネの資格を無料で取得する方法

ケアマネの資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

介護資格について

ケアマネージャー 実務経験

ケアマネージャーになる為に必要な資格について

ケアマネージャーと呼ばれる職業に就く為に必要な資格は実務者研修と呼ばれるもので、こちらを取得出来るよう勉強を続けなくてはいけません。
実務者研修とは平成23年の4月から介護資格制度が変更されたことにより導入された新しい資格であり、初任者研修よりも高度な知識と技能を習得しなければ取得出来ないものとなっています。
実務者研修の受講時間数は合計で450時間となっており、基礎から応用まで全てを学べるので一度も学んだ経験がない方でも問題はありません。
また初任者研修の資格を既に取得した方は320時間勉強することになり、訪問介護員養成研修の1級を修了すると95時間程度になるので、学ぶ為に必要な日数が大幅に短縮されます。
その他にも介護職員基礎研修の修了者となると実務者研修の資格取得に要する時間は合計で50時間と大幅に短くなるので、長期間学び続けなくてはいけないといったことはないです。

カリキュラムについて

実務者研修の資格を取得する為に必要となるカリキュラムの数はかなり多いですから、効率良く勉強出来るよう準備を整える必要があります。
実務者研修は通信で学べますからスクールに通う必要はありませんが、介護過程Ⅲと呼ばれる科目に限り直接施設に行って授業に参加しなくていけないので、この点に注意して勉強を続けて下さい。
スクーリングは10日から16日程度でこちらは初任者研修とほぼ同等となっています。
人間の尊厳と自立・社会の理解・介護の基本・コミュニケーション技術といった基本的な科目に関してですが、こちらはテキストを読みつつ要点を何度も確認することで理解出来ます。
実務者研修には卒業試験がありませんので毎日きちんと勉強し続けることを第一に考えなくてはいけないですし、無事修了した際にはサービス提供責任者と呼ばれる第一線で働く為に欠かせない立場として扱われるので大きな利点による恩恵を受けられる資格だと言えます。

試験免除の条件

ケアマネージャーの試験の免除条件について

ケアマネージャーになる為に欠かせない試験についてですが、一定の免除条件を満たすことで回答数が少なくなるので、こうした点を覚えた上で勉強を始めるのが良いと言えます。
医師・歯科医師・薬剤師・社会福祉士といった資格などが対象となっており、その他にも介護福祉士と呼ばれる基本的なものを手に入れることでもテスト内容がシンプルになるので、こうしたものを取得した後で試験に挑む感じの流れは珍しくなくなりました。
勿論重複して同じ分野の資格を取得した方であっても科目は免除されますから、このような点を心配する必要はありません。
こうした資格の中でも医師と歯科医師は取得することで保健医療サービス分野の基礎15問と総合5問が免除されるので、かなりの量の問題数が減ることが分かります。
その他にも薬剤師は基礎15問が免除されるようになり、社会福祉士は福祉サービス分野が15問減るので資格を取得する程短い時間でテストは終了します。

試験の難易度に関して

ケアマネージャー関連の試験は標準のテキストが基本テキストに改訂されて、実践的な問題が提出されるようになりましたから、テストの難易度は上昇しつつある傾向にあるのです。
2009年度の試験の合格率は23.6パーセントとなっており、受かる可能性は他の分野のテストに比べると短い傾向にあることが分かります。
つまりこうした試験の難易度を出来るだけ下げたい時はいきなりテストに挑むのでなく、最低限取得出来る範囲の資格を手に入れた方が良いと言えます。
問題数が少なくなることで回答を書く際に要する時間を節約出来るようになり、同時に精神的にも楽な状態の中でテストに挑めるのでこうした利点は大きいです。
後は基礎から応用までを毎日きちんと勉強して把握するようにし、それから擬似テストを受けて環境によるプレッシャーに耐えられるよう準備します。
これだけで合格率は大きく上昇しますから、日々の勉強が合格する確率を上げるコツとなるのです。

看護師が資格を取るには

看護師とケアマネージャーの資格について

将来看護師になりたいと考えている時はまずケアマネージャーの資格を得ることを考えましょう。
ケアマネージャーの資格を取得することで病院での勤務による調査の仕事を始められるようになるので、施設内で十分働ける人材であるとアピール出来ます。
これにより施設内で必要とされる人材だと認識されますし、毎日充実した看護師の仕事を続けられるのでモチベーションを維持するのも容易です。
実は看護師のケアマネージャーの仕事はそれ程難しいものではなく基本的には各病棟で治療を受け続けている患者の日頃の状態をチェックしつつ、変化が分かるよう記録をつけるだけなので簡単だと言えます。
また時間外勤務を始めることで超勤手当がもらえますから、より収入を上げて働く意欲を高めていけるといった利点もある為、ケアマネージャーの資格を取得する意義は十分感じられるのです。

看護師がケアマネージャーの資格を取得する時は

ケアマネージャーの資格を取得して看護師になるつもりでいる時は、通信講座を利用するのが基本となります。
通信講座を利用することで自宅にいながら勉強を始められるようになり、同時に好きなペースで働けるので無理して大量に学ばなくてはいけないといったことはありません。
ケアマネージャーの受験資格は保健・福祉・医療の分野の資格を有しており尚且従事期間が5年以上で勤務日数が900日以上であるといった条件を満たす必要があるのです。

試験について

ケアマネージャーの資格取得に関する試験は全部で60問あり、マークシート方式なのでそれ程時間は必要としないのが特徴です。
介護分野は全部で25問提出されており、保健医療サービスも35問出てくるのできちんと勉強した上で試験に挑むのが基本だと言えます。
既に看護師の資格を有した状態でテストに挑むと15問問題が免除される為、合計の問題数は45問となり、通常よりも短い時間で試験を終えられます。

薬剤師が資格を取るには

img01

薬剤師がケアマネージャーの資格を取得する際には

既に薬剤師として働いているがケアマネージャーの資格を取得してより優位に仕事を続けたいと考える時は、一度通信講座を利用するのが良いです。

通信講座の利点は自宅にいながら勉強出来る・自分のペースで学べる・料金が安いといったものとなっており、既に働いていてスクールに通えない方でも問題はありません。

また通信講座では勉強する為に必要なテキストを全て送り出してくれますから、わざわざ教科書を専門の施設にまで行ってかう必要はないです。

ケアマネージャー試験を受ける為の条件について

ケアマネージャーの試験を受ける為には一定の条件を満たす必要がありますので、前もってこちらの方をチェックしておきましょう。

薬剤師・社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士といった資格を取得しており、尚且実務経験が5年以上で従事日数が900日を超えていることが条件です。

前者の条件は既に満たしているはずですが後者のポイントを乗り越える際にはある程度の年数が必要となるので、こちらの方を忘れないようにします。

注意点としては製薬会社で研究の仕事に携わっていた時は勤務日数にカウントされないといった点であり、将来ケアマネージャーの資格を取得する時はこちらの部門ではなく調剤の方で働きます。

その他にも様々な調剤薬局で働くつもりでいる時は事業主に連絡を入れて勤務日数をチェックされる必要があるので、連絡を入れることを忘れないようにして下さい。

試験の合格基準について

ケアマネージャーの試験の合格基準は厚生省が指示する一定割合以上の得点となっており、両分野でそれなりの点数を得なくてはいけないのです。

基本的には7割以上正解することで合格となりますが、介護支援分野と保健医療の両方できちんとした結果を出す必要があるのです。

片方のみが基準を満たしていてももう一つの分野の点数が低かった時は不合格となるので、こうした点には注意します。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑は、働きながら資格取得を目指す方の支援を行ってくれるので、大変お得でおすすめの介護職の求人サイトです!

なんと無料で取得できる資格もあるので、ぜひ活用したいところです。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるというので大変評判が良いです。

ヘルパー2級からケアマネージャを目指す

ヘルパー2級からケアマネージャーの資格取得までの道のり

ヘルパー2級を取得した後で次にケアマネージャーの資格を手に入れるつもりでいる時は、試験に挑む為に必要となる条件を満たす必要があります。

ケアマネージャーの資格取得試験に必要となる条件は「保険や福祉関連の国家資格を取得している」「実務経験が5年以上」「900日の従事日数」を満たした者となっており、ある程度の年月を要するので注意しましょう。

国家資格についてですがこちらは医師・介護福祉士・社会福祉士といったものが該当しており、既にこれらを取得した方は実務経験などの条件を満たすことを考えて下さい。

気を付けなくてはいけない点は従事日数で肉親を対象として介護を行っていてもカウントされませんので、こちらの条件を満たす時はきちんとした施設の方で働くのが良いです。

無事試験に合格した後の流れについて

試験に無事合格した後は合格通知と実務研修の案内が届けられるようになり、こちらの方に参加して今後の仕事等に関する情報を得ます。

実務研修に欠席すると試験に合格したとしても資格を取得出来なくなるので、くれぐれもこうした問題を引き起こさないよう注意しなくてはいけません。

実務研修に参加する際には5,000円から20,000円程度の受講料が必要となり、支払った後は前期と後期による勉強を始めます。

合計35時間もの間勉強を続けることになりますがこの時に介護の基礎から応用まで全てを学べるので、ヘルパー2級では勉強できなかったポイントも理解していけるため、参加する価値は十分あるのです。

欠席に関してですが1日でも不参加となると修了資格が取得出来なくなる為、今後のスケジュールを確認した上で学び続けられるよう準備を整えることは基本だと言えます。

働きながら無料で介護の資格取得を取得

介護業界専門の求人サイトかいご畑は、働きながら資格取得を目指す方の支援を行ってくれるので、無理なくキャリアアップしたいと思っている方には大変お得でおすすめの介護職の求人サイトです。

なんと無料で取得できる資格もあるので、ぜひ活用したいところです。
働きながらケアマネージャを目指せるのはもちろんその他の資格も取得できます。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるというので大変評判が良いです。

居住サービス計画

居住サービス計画とは

ケアマネージャーの資格を取得する為には予め居住サービス計画と呼ばれる出題にきちんと答えられるよう準備を整えるようにし、テスト対策を行わなくてはいけません。
居住サービス計画とは施設を利用する要介護者に対して最大限の効果を発揮出来る支援を提供する為にどのような活動を行わなくてはいけないのか決めるようにし、QOLを向上させるプランのことです。
こうした計画をきちんと練ることはケアマネージャーとして活動し続ける為に欠かせないので、テストでは具体的なプランを作り出せるかどうかが細かくチェックされます。
居住サービス計画のチェックポイントは支援目標・課題の解決法・2種類の援助目標といったものとなっており、これらをきちんと書き込むことで点数を得られます。
これらのチェックポイントの中でも特に大切なのはやはり居住者が抱える課題の解決法であり、具体的な対策法を書き込むことで点数となるのです。
例えば足腰が悪いといった問題を抱えている時は如何にして寝室に運びつつ、リハビリを毎日行わせるのかその手順を伝える必要があります。

その他のポイントについて
ケアマネージャーの資格に関連したテストについてですが、その他のポイントとして挙げられるのはプライベートの保持方法です。
居住者の中には人見知りが激しく他人と交流するとストレスが溜まるといった特徴を持つ利用者がいますから、具体的な問題点の解決法を伝えて下さい。
こうした問題に関してですがこちらは出来るだけ個室を用意し、他人の目を気にしない環境を提供するといった支援を導入するといった回答を記入するのが良いです。
その後である程度居住者同時が触れ合う環境も作り出すようにして、最低限交流出来る環境を整えます。
専用の個室のみを作るとそこに入ったまま出てこなくなり進展が見られなくなるので、後々での問題を解決する為に交流出来るイベントなども作り出す必要があります。

アセスメント対策

アセスメント対策について

ケアマネージャーの資格取得試験を受けるつもりでいる時は、アセスメント対策を意識して勉強を始める必要があります。
アセスメントとは課題分析とも呼ばれているもので具体的に適切な介護方法を記入しなくてはいけない為、施設利用者の症状に応じた回答を述べます。
認知症利用者の対策・身体機能が低下した居住者の支援方法・生活状況をチェックする際の一般的な方法といった内容を回答に記入しましょう。
その他にも施設の運営者が収集した情報を整理するようにし、何が問題となっているのか把握しつつどのような対処を実践しなくてはいけないのか書き込みます。
こうした回答に関する具体性の方も評価の対象となっていますから、正確な回答を述べられるよう一度各施設で働くといった勉強法も効率的で非常に良いです。

試験対策について

ケアマネージャーの試験対策を始める際には介護支援専門員基本テキストと呼ばれる教科書を利用し、毎日きちんと勉強を続けるのが基本となります。
こちらは全部で4巻あり基本的な知識から応用まで全ての知識が載せられており、毎日少しずつ学習することで約3ヶ月以内に全てを終えられます。
これらに加えて問題集といったテキストを使うことでより具体的に学び続けることが可能となるので、こちらの方も予め用意するのが望ましいです。
ケアマネージャー試験は1年に1回となっていますから、勉強を始める際には9ヶ月程度の時間が必要となるのです。
その他にも無事試験に合格したとしても研修を受けることも求められるので、こちらの方もスケジュールに入れた上で勉強し続けなくてはいけません。
研修は1日でも欠席するとその時点で資格が取得出来なくなりますから、くれぐれもこうした事態を引き起こさないよう注意して下さい。
無事資格を取得した後は就職に関する情報を集める必要がある為、最初から最後まで一貫した計画を作り出すことが求められます。

老人保健制度対策

老人保健制度について

ケアマネージャーの資格取得を検討する際にはまず老人保健制度と呼ばれるシステムをきちんと理解するようにし、テストに挑まなくてはいけません。
老人保健制度とは国民全員が健康を維持しながら老後を生きていけるよう作り出されたシステムのことであり、75歳以上の高齢者が対象となります。
既に寝たきりになってしまった高齢者は65歳以上で、成人病予防の為に保険サービス事業を行います。
医療費は国民全体で公平に分担する決まりがあり、全員が収入に応じた一定の割合の金額を支払うことで将来老人保健制度による支援を受けられるのです。
医療機関で老人保健制度による支援を受けながら治療を受ける時は健康保険証・健康手帳・医療受給者証といったものが必要となり、医療機関の窓口に提出しなくてはいけないので注意しましょう。
自己負担額は一定以上の所得者だと2割の金額が必要となりますし、同一世帯の中に町民税が課税された時は1割の費用を支払うことになるのです。

資格取得試験で提出されやすい問題に関して

ケアマネージャーの資格取得試験で提出される可能性が高い老人保健制度の問題についてまとめると、専門施設が提供するサービスの内容を述べる・分館型介護施設とは何か・介護保険の改正制度についてといったものとなっており、これらを重点的に勉強することでテスト対策を始められます。
専門施設が提供するサービスの内容についてはテキストの中に記載されていますし、分館介護型施設の特徴も全て説明しているので、基礎を学ぶことは難しくないです。
介護保険の改正制度については若干複雑な内容となることが多く、年数に関しては覚えやすい暗記法を実践するのが良いです。
例えば既に70歳以上の人物は引き続き医療制度による支援を受けられるといった決まりは何時頃出来たのかといった問題が出てきた時は、平成14年9月30日と答えなくてはいけませんがその時は14930と数値を羅列させることで覚えやすくなります。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーの講座について

ヒューマンアカデミーでは医療事務・社会保険労務士・ケアマネージャーといった種類の講座が用意されており、それぞれ資格取得に必要となる基礎知識から応用まで全てを指導するので安心して勉強を続けられます。
中でも取り分け高く評価された講座はケアマネージャーであり、ヒューマンアカデミーでは合格率67パーセントをはじき出した講師が行う講義をDVD化して提供を行っており、500ページの内容を僅か32ページに圧縮しつつ要点のみを抑えた合格の法則も教えています。
その他にもこちらの専門校では本試験形式と同じ模擬試験が2回も行われますから、本番当日と同じ環境の中でテストを受けられるのです。
これによりプレッシャーにある程度慣れて本番による重圧に耐えられるよう訓練出来るので、このような点も魅力的な箇所として評価されました。

学習の進め方について

ヒューマンアカデミーでの一般的な学習の進め方はまず専用のDVDを視聴しつつ合格の法則を理解し、それから専用の問題集を解いて知識を習得します。
講義のDVDを視聴する際にはテキストと照らし合わせながら見ることでより理解が深まり、基礎を身に付けてきちんと勉強を続けられます。
試験は1問2分程度のペースで解けなくてはいけませんから、毎日問題集を読んで何故このような回答となるのか理解して下さい。
ある程度勉強を続けた際には1回目となる模擬試験が行われるようになり、今まで学んできた成果を再確認出来ます。

ヒューマンアカデミーへの口コミ

「ケアマネージャーの資格を取得する為に勉強を少しやってみたけど思った程効率良く学べなかったので、ヒューマンアカデミーに応募してこちらで頑張ることに。ヒューマンアカデミーでの勉強は効率的だったし、独学で学ぶよりも遥かに効率良かったんでどうにか合格することが出来てホッとしましたよ。おかげで今では福祉業界で働けるようになりましたから、ヒューマンアカデミーと出会えた自分の運の良さに驚いています」

池袋福祉カレッジ

池袋福祉カレッジについて

池袋福祉カレッジはケアマネージャー・介護職人初任者研修・実務者研修といった福祉に関連した職に就く為に欠かせない資格を取得する為の対策講座を開催する所であり、それぞれ本格的な指導のもと対策や勉強法を指導してくれますから一度も学んだ経験がない方でも問題はありません。
中でもケアマネージャーの対策講座は評価が高く、専門のスタッフが法改正に基づいたテキストを使い指導を行うので、一から学ぶつもりでいる方にとって好都合です。
平成23年度の対策講座では新介護保険法に適した教材を使用しており、2009年に改正された介護保険法に基づいた教科書を使うので、変更点に応じた勉強が始められます。
また池袋福祉カレッジでは藤ニ館オリジナルの教材を提供する為、短期間で合格出来るレベルにまで上げられます。
全部で10回分の総合問題が出題されますし、直前には出題予想模試を6回実施する為出てくる可能性が高い内容をきちんと学べるのです。

その他の利点について

池袋福祉カレッジは振替受講が可能な為事情でどうしても参加出来ない日であってもほかの曜日に変えられるので、出席していけず勉強を始められない時でも問題はないです。
更にこちらの学校では自分のペースで学び続けたいと考えている方々の為に自習室が用意されている為、周りの音に影響されて集中が乱されて問題だと感じた方であってもしっかり勉強を続けられます。
受講費用はスタートアップセミナーで14000円となっており、全16回の通学総合過程も僅か165800円と安いので負担を抑えて資格取得に向けて備えられます。
通学総合過程の費用にはテキストや問題集といったものの代金全てが含まれていますから、別途料金を支払う必要はないです。

池袋福祉カレッジの口コミ

「どうしてもケアマネージャーの資格を取得したかったので池袋福祉カレッジのサービスを利用しました。ここの学校は私みたいに福祉を勉強した経験がないものでも丁寧に教えてくれたし、分からない点もすぐ教えてもらえたんで助かりましたよ」

3 / 41234